矯正歯科、歯並び | 多摩市のカリヨン歯科クリニックは矯正専門医が治療します。

〒206-0033 東京都多摩市落合1-39-1 マグレブEAST 8F(旧カリヨン館)

矯正歯科

欧米では一般的な矯正治療

ヨーロッパやアメリカなどでは歯並びが良いのはエチケットです。スマイルラインが重要なんですね。ですから子供の頃から矯正装置を多くの方が付けています。
日本でも最近目立たない矯正装置(透明なブラケットを使用したもの)や歯の裏側からおこなう舌側矯正装置などが普及してきて、矯正治療を始める方も以前より多く見受けられるようになりました。

目立たない矯正装置の種類 

セラミックブラケット

ブラケットとは矯正用のワイヤーをはめ込むレールのような装置のことです。この装置にセラミックを使用することにより従来のブラケットより目立たずに矯正治療ができます。

 

リンガルブラケット

リンガルブラケットとは舌側矯正(裏側矯正)をするための装置です。装置を歯の裏側につけ、矯正装置が全く人目に触れないように治療する方法です。

 

 

歯並びが悪いとどんなことに影響があるの?

咬み合せは全身の健康に及ぼす影響も大きいので、是非一度当院の専門医のカウンセリングを受けてみてください。

不正咬合の種類

叢生(そうせい):八重歯・乱ぐい歯

でこぼこに生えた乱ぐい歯、犬歯が飛び出した八重歯などのことを言います。

歯と小さくなったあごの大きさとの不調和が原因とされており、歯ブラシの毛先が届きにくいために、長い間そのままにしておくと虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすくなります。

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ):出っ歯

上顎の歯が前に飛び出ていている状態です。俗に言う出っ歯と言うのが上顎前突です。

 

下顎前突(かがくぜんとつ):受け口、反対咬合

下顎が上顎より前に出ている状態です。主に受け口や咬み合わせが反対になるので反対咬合とも言われています。

 

開咬(かいこう)

奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない状態。また、発音に問題が生じることもあります。

 

過蓋咬合

咬みこみが深く下の前歯が見えにくい状態です。

 

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう):すきっ歯

隣同士の歯と歯の間が開いている状態です。

食べ物が挟まり、丁寧な歯磨きを心がけないと歯周病(歯槽膿漏)になりやすくなります。

矯正治療の流れ

あなたの歯は大丈夫?チェックしてみましょう!


お口を拝見し、矯正治療の概略や可能性についてご説明します。納得のいくまで、ご相談ください。


精密検査より詳しい情報を知るための検査として、 診断に必要な歯の型、顔や口の中の写真、レントゲン写真、その他の診断用資料の検査を行います。


検査結果をもとに治療プランを詳細にお話いたします。患者様に十分なご説明をさせていただき、患者様のご希望をお聞きした上で適切な治療方針を決めていきます。診断の結果にご納得頂いた上で受診されるかどうかをご判断いただきます。


矯正装置をつけると、歯磨きが難しくなります、そのために口腔衛生について徹底した説明をいたします。
(矯正装置装着後も歯磨き指導を定期的に行います。)


一般的に初めの数回は装置を取り付けるため、 少なくとも60分~120分ほどのお時間をお取りしています。


治療の内容によりますが、(症例の内容や個人によって異なりますが、成人の場合1.5-2.5年かかります)その後の調節は、ほとんどが30~50分程度となります。 通常は3~6週間に1回のペ-スで通院が必要となります。 定期観察の場合は、2~6ヶ月に一回通院していただきます。


装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで、保定装置を装着します。通院は2~6ヶ月に1回となります。

治療内容

虫歯
虫歯の治療に関してはこちらをご覧ください
歯周病
歯周病の治療に関してはこちらをご覧ください
ホワイトニング
ホワイトニングに関してはこちらをご覧ください
矯正歯科
矯正歯科の治療に関してはこちらをご覧ください
審美歯科
審美歯科の治療に関してはこちらをご覧ください
インプラント
インプラントの治療に関してはこちらをご覧ください
歯を失った
歯を失った方はこちらをご覧ください

Menu

オンライン診療予約
カリヨン歯科スタッフブログ
歯のアンチエイジング通信
カリヨン歯科クラブのご案内