ホワイトニング | 多摩市多摩センターにあるカリヨン歯科クリニック

〒206-0033 東京都多摩市落合1-39-1 マグレブEAST 8F(旧カリヨン館) 

ホワイトニング

ここ数年、日本では美白ブーム(ホワイトニング)の影響もあり、お肌のお手入れに余念がない方も多いのではないでしょうか?
欧米では昔から、綺麗な歯並びや、輝くような白い歯を美しさの象徴として重要視されているようで、歯のホワイトニング材も、ドラッグストアで簡単に手に入れることができます。
ホワイトニングの一番の特徴は、削ったり、歯の表面に何かを貼り付けたりという方法ではなく、歯そのものを白くしようという方法です。


内面から白くしていく!!!

ホワイトニングとはなにか?というときに必要になってくるのが、歯の構造です。歯の一番外側はエナメル質という硬い組織で覆われています。エナメル質は半透明ですりガラスみたいなもので、それ自体に色はあまりありません。
ですから、この先端の部分は透き通って見えます。ただ、加齢的に細かい傷が入ったり、細かい亀裂が入ったりすることによって、くすんで透明感がなくなっていきます。

その内側は象牙質という組織でクリーム色をしています。普段見えている歯の色は、この象牙質のクリーム色がエナメル質をとおして透けているイメージです。象牙質は加齢とともに色が濃くなっていきます。生えたばかりのお子様の永久歯は白っぽいですが、おじいちゃんの歯は暗い黄色っぽい感じがするのはそのためです。

歯の表面についている汚れ(茶渋やヤニ)は表面を研磨して、磨いていけば汚れなどは落ちて歯本来の色に戻ります。ホワイトニングはここからスタートです。さらに内面の色を白くしていこうという方法です。髪の毛に例えると、表面に色を乗せていくカラーリングではなくどちらかというと脱色に近いものです。

ホームホワイトニングの利点

場所 期間 高価
基本的にご自宅でも患者様が行うことが出来る。 ※毎日の場合:2~4週間
※2~3日の場合:1~2ヶ月
徐々に色が変化するため、効果はオフィスより長い。

下のグラフで縦の軸は歯の白さです。上にいくほど白く、下にいくほど黄色くなります。
横の軸は時間の経過です。バッサリいうと加齢です。

(1)生えたばかりの永久歯です。白いです。そこから、象牙質が着色し、

(2)まで歯の白さが失われます。ここで、ホワイトニングを行ったとしましょう。2~3週間で

(3)位まで歯は白くなります。場合によっては

(4)まで白くなります。それ以上にもなります。ただ、この状態が

(5)のように、時間経過に合わせてずーっと続くわけではなく、そこからまた象牙質 は着色をしてゆきます。

(6)ホワイトニングの前の歯の色くらいに戻るのにだいたい2~3年といわれています。治療で歯の形や歯並びが極端に変わっていなければ、初めに使ったホワイトニングトレーは、使用できます。今度は、薬液だけをお求めいただければご自分で、ホワイトニングできてしまうのです。

(7)2回目以降はホワイトニングで比較的 すんなり白くなってくれるようです。2回目は別に元に戻ってから行わなくても良いわけです。例えば、(8)で結婚式があります。写真もたくさん撮ることになるので、歯は白くしておこう。と言う風にTPOにあわせてご自身で調節できてしまうのが、大きなメリットです。

上手に利用していただければとても便利なものです。

ホームホワイトニングの流れ



















当院で実際行ったホワイトニングの症例

ケース1


ケース2


ケース3


ケース4


治療内容

虫歯
虫歯の治療に関してはこちらをご覧ください
歯周病
歯周病の治療に関してはこちらをご覧ください
ホワイトニング
ホワイトニングに関してはこちらをご覧ください
矯正歯科
矯正歯科の治療に関してはこちらをご覧ください
審美歯科
審美歯科の治療に関してはこちらをご覧ください
インプラント
インプラントの治療に関してはこちらをご覧ください
歯を失った
歯を失った方はこちらをご覧ください

Menu

オンライン診療予約
カリヨン歯科スタッフブログ
歯のアンチエイジング通信
カリヨン歯科クラブのご案内