歯のアンチエイジング通信 多摩市にあるカリヨン歯科クリニック

〒206-0033 東京都多摩市落合1-39-1 マグレブEAST 8F(旧カリヨン館)

歯のアンチエイジング通信

第17回 »  第16回 » 第15回 »  第14回 »  第13回 »  第12回 »  第11回 » 
第10回
 »  第9回 »  第8回 »  第7回 »  第6回 »  第5回 »  第4回 »  第3回 »  第2回 »  第1回

第4回:唾液

こんにちは。第4回アンチエイジング通信は、主任衛生士 佐々木がお送り致します。

私の出身校でもある鶴見大学の歯学部付属病院では、2005年7月に歯科大学では初めて、“アンチエイジング専門外来”を設置したそうです。
それだけ、お口の健康と若さを保ちたいと願う方が増えているのでしょう。

加齢現象にも様々ありますが、その中でも今回は「唾液」の関わりについてお話しようと思います。

唾液は、唾液腺から口腔内に分泌される液で、水、電解質、多種の酵素からなります。
正常では、1日約 1l(リットル)~1.5l分泌されます。

働きとしては。リゾチーム、ラクトフェリンなどによる殺菌、抗菌作用、重炭酸塩やリン酸塩による緩衝作用、犬などの汗腺を持たない動物では、体温調節の役割を担っています。 又、食物を湿らせることにより粉砕しやすく、飲み込みやすくします。

唾液の量や質の異常は様々な不快症状を生じ、生活の質(QOL)を著しく低下させてしまいます。
唾液に含まれる成長因子や抗菌物質には、健康を司る成分を多く含み、アンチエイジング(抗加齢)にはとても重要です。

良質な唾液を多く分泌させる為には、よく咬む事が大事です。
又、咬むことにより満腹中枢が刺激され、ダイエットにも繋がります。
おいしく食べ、健康的に痩せる為にも、いい歯を保ちましょう。

治療内容

虫歯
虫歯の治療に関してはこちらをご覧ください
歯周病
歯周病の治療に関してはこちらをご覧ください
ホワイトニング
ホワイトニングに関してはこちらをご覧ください
矯正歯科
矯正歯科の治療に関してはこちらをご覧ください
審美歯科
審美歯科の治療に関してはこちらをご覧ください
インプラント
インプラントの治療に関してはこちらをご覧ください
歯を失った
歯を失った方はこちらをご覧ください

Menu

オンライン診療予約
カリヨン歯科スタッフブログ
歯のアンチエイジング通信
カリヨン歯科クラブのご案内