歯のアンチエイジング通信 多摩市にあるカリヨン歯科クリニック

〒206-0033 東京都多摩市落合1-39-1 マグレブEAST 8F(旧カリヨン館)

歯のアンチエイジング通信

第17回 »  第16回 » 第15回 »  第14回 »  第13回 »  第12回 »  第11回 » 
第10回
 »  第9回 »  第8回 »  第7回 »  第6回 »  第5回 »  第4回 »  第3回 »  第2回 »  第1回

第7回:フッ素

ハンバーグ・スパゲッティー・オムライスなど、最近の子どもたちの好物はやわらかいものばかりです。 そのうえ、砂糖のたくさん入った甘いお菓子やジュースが簡単に手に入り、虫歯になりやすい環境になってきました。 ところで、虫歯の予防にはフッ素が有効だとご存知ですか?
今回は、そのフッ素についてお話したいと思います。

フッ素とは、フッ素は体の中にはもちろん、緑茶・塩・いわし・海藻 等、自然界の食べ物にも含まれているもので、 歯に役立つ作用がいくつかあります。
フッ素には次のような効果があります。

  • 使歯質を強化し虫歯になりにくくする。
  • 虫歯になりかけた部分の自然修復を促進する。(再石灰化)
  • 虫歯菌の酸に対する抵抗力をつける。

進行した虫歯は、自然には治らず治療が必要ですが、虫歯にならないための予防がとても大切です。
中でも『フッ素』を使った予防法が効果をあげています。

【 種類 】

  • 使歯質を強化し虫歯になりにくくする。
  • 虫歯になりかけた部分の自然修復を促進する。(再石灰化)
  • 虫歯菌の酸に対する抵抗力をつける。

※ただし3の洗口法はブクブクが出来ない4~5歳未満の幼児には不向きです。

フッ素を取りすぎると、中毒症状や吐き気・腹痛が現れる事があります。
しかし、普通に使用している分には全く問題ありません。年齢に応じた量で使用しましょう。

~ フッ素を塗れば虫歯にはならない? ~

フッ素は虫歯の予防効果が非常に高いと言われていますが完璧な虫歯の抑制は出来ません。
フッ素は歯に直接取り込み、歯質自体を鍛えるものですので、使用前には歯ブラシで歯の汚れをきれいに落とすことが基本です。
あくまでも、〈最終的な仕上げ〉 としてお考え下さい。

上手にフッ素を利用して、虫歯のない健康な歯を守りましょう。

治療内容

虫歯
虫歯の治療に関してはこちらをご覧ください
歯周病
歯周病の治療に関してはこちらをご覧ください
ホワイトニング
ホワイトニングに関してはこちらをご覧ください
矯正歯科
矯正歯科の治療に関してはこちらをご覧ください
審美歯科
審美歯科の治療に関してはこちらをご覧ください
インプラント
インプラントの治療に関してはこちらをご覧ください
歯を失った
歯を失った方はこちらをご覧ください

Menu

オンライン診療予約
カリヨン歯科スタッフブログ
歯のアンチエイジング通信
カリヨン歯科クラブのご案内